子供乗せ電動自転車はレンタルすべき?購入と比較したメリット・デメリット

子供乗せ電動自転車はレンタルすべき? 購入と比較したメリット・デメリット

子育てをされている方の中には、子供乗せ電動自転車の購入を検討されている方が多いのではないでしょうか?しかし、最近では自転車をレンタルすることもできる時代なので、購入した方が良いのか、それともレンタルするべきなのかと悩んでいるお母さんは多いでしょう。

今回は、子供乗せ電動自転車のレンタルと購入を比較したメリット・デメリットについてまとめてみました。レンタルか購入で悩んでいる方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

お得に利用するならレンタルの方がおすすめ!

お得に利用するならレンタルの方がおすすめ!

電動自転車は一般的な自転車に比べて購入費用が高いので、お得に利用するのであればレンタルサービスの利用がおすすめです。格安で利用できますし、必要な期間だけ利用するのであれば、トータルで考えてもレンタル費用の方がとても安くなっています。

ここでは、子供乗せ電動自転車をレンタルする具体的なおすすめ理由について、4つのポイントにまとめてみました。レンタルか購入で迷っている方は、ご紹介するポイントを参考にしてから入手方法を検討してみてはいかがでしょうか?

お得な料金で電動自転車を利用できる

電動自転車は約10万円以上の購入費用が必要ですし、子供を乗せるチャイルドシートも購入するとなると、合計で約15万円かかるといわれています。しかし、レンタルサービスを利用すれば、月額払いで毎月数千円から利用することができるので、格安でレンタルすることができます。

購入となると一度に高額な出費となりますし、使用期間に関係なく全額支払わなければなりません。ですが、レンタルサービスなら不要になった時点で解約をすれば、それ以上の料金が発生することがありません。

そのため、レンタルサービスは「子供乗せ電動自転車を試してみたい!」という方にもおすすめされているので、気になる種類の自転車を購入前に試すといった活用もできます。実際に試してから良さを実感して購入される方も多いので、初めて利用される方や買い替えを検討されている方でも、レンタルサービスの利用はとてもおすすめですよ!

レンタルならムダな出費を出さずに利用できる

レンタルサービスは利用者が必要な期間だけ利用できる便利なサービスなので、さまざまな面でムダなく利用することができます。例えばですが、子供が保育園に通うだけの期間だけ使用する場合、卒園する時期に合わせて解約すれば総合のレンタル費用を計算しても購入費用に比べてとても安くなっています。

ちなみに、子供乗せ電動自転車のレンタルサービスで人気の高い「MBR-Mom's Bike Rental」の場合、最長の2年間契約で月額4,860円となっています。期間終了後は少し減額された4,320円が毎月更新される仕組みとなっていて、3年間利用しても14,040円と格安で利用できます。

しかし、購入した場合は約15万円の購入費用が必要なので、同じ3年間の使用で考えるとムダな費用が掛かっていることがわかります。そのため、お得に賢く子供乗せ電動自転車を利用するなら、レンタルの方がおすすめだといえるでしょう!

人気の高いYAMAHAシリーズもレンタル可能

子供乗せ電動自転車の貸し出しを行っているレンタル業者の多くは、人気の高いYAMAHAシリーズを取り扱っているところが多いです。一般的なデザインからおしゃれなものまで取り扱っているので、自分好みの自転車をレンタルすることができますよ!ちなみに、子供乗せ電動自転車でおすすめの種類には、以下のようなものがあります。

  • ヤマハ PAS ナチュラL:シンプルなデザインで使いやすく高機能で優秀
  • ヤマハ PAS Baby:20インチのタイヤで女性でも安定して運転できる

これらのYAMAHAシリーズは、子育てをするお母さんにおすすめの子供乗せ電動自転車です。どのシリーズが良いのかわからないという方は、上記のシリーズを一度試してみて、満足できるものを利用してみてはいかがでしょうか?

メンテナンスや廃棄は業者が対応してくれる

子育てに電動自転車を利用する場合、安全に使用するために定期的なメンテナンスが必要になります。レンタルサービスなら、契約したレンタル業者に問い合わせることで、スタッフがしっかりとメンテナンスを行ってくれます。

購入すれば自分で行う、または専門店に依頼することになるので、面倒な手間を省けるのもレンタルを利用するメリットになるでしょう。この場合の費用は業者によって異なりますが、レンタル費用に含まれている、または別途料金が必要な場合があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

また、電動自転車が不要になった場合、レンタルであれば業者が回収を行ってくれます。そのため、廃棄する手間や処分費用が掛からないというのが魅力です。

レンタルと購入を比較したメリット・デメリット

ここでは、子供乗せ電動自転車のレンタルと購入を比較して、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。レンタルサービスには興味がある方でも、やっぱり購入したいという気持ちが強い方もいるはずです。

しかし、購入には高額な費用が必要になりますし、場合によってはムダな出費を出すことになってしまうので、後悔しないためにもぜひ参考にしてみてください。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリット・デメリット

レンタルサービスを利用する最大のメリットは、高額な電動自転車を格安で利用できることです。予算がなくて購入できない方でも、レンタルであれば気軽に利用することができるでしょう。

しかし、あくまでもレンタル商品なので、契約期間に縛りがあるといった点がデメリットになります。不要になった際に解約が遅れればその月のレンタル料が発生するので、解約される場合は早めに申請しておくことをおすすめします。

購入のメリット・デメリット

購入のメリット・デメリット

子供乗せ電動自転車を購入するメリットは、レンタル商品のように解約や契約期間を気にせず利用できることです。また、一括で購入された場合は月々の支払いも気にすることがないのもメリットの1つといえるでしょう。

しかし、購入価格がレンタルに比べて非常に高額なので、大きな出費が出てしまうのが一番のデメリットになります。また、廃棄する際も処分費用が掛かるなど、レンタルに比べてコストがかかってしまいます。

お得に賢く利用するならレンタルサービスを利用しよう!

お得に賢く利用するならレンタルサービスを利用しよう!

子供乗せ電動自転車は、購入するよりもレンタルの方がおすすめです。購入するよりも格安で利用できますし、その他にもたくさんのメリットがあります。また、お試しで利用するといった使い方もあるので、いずれ購入を検討されている方にもおすすめです。ですので、お得に賢く子供乗せ電動自転車を利用するなら、ぜひレンタルサービスを利用してみてください。